2021年5月6日木曜日

遺構


「遺構」
2014/05/05撮影 PENTAX-Kr
旭川市



レンガの煙突だけが残る煉瓦工場跡。
昭和16年に建てられた工場だったそうです。

その煙突の側にはオレンジ色のカブトムシ。
周りの木が大きくなり動くことも出来きなくなり
このまま、遺物として朽ち果てていくのでしょうか。










「BEETLE」
2015/04/23撮影 PENTAX-Kr
旭川市






10年以上も前から雨晒しで放置されてる廃車(カローラ)のバッテリーを
元カノが交換してくれて追っ手から逃れる主人公の“足”として
大活躍すると云う映画があったのを思い出しました。
『ゴールデン・スランバー』(伊坂幸太郎原作)

このカブトムシも何処かにキーが隠されていてエンジンをかけて貰えるのを
待っているのかも知れない。きっと、そうに違いない。



 

2021年4月25日日曜日

風光り薫る


「風光り薫る」
2012/04/25撮影 PENTAX-Kr
旭川市


陽射しがあれば、春とは思えない光景があります。
秋まき小麦の緑が輝き、肥沃な大地の薫りがします。






今週末にはもう、5月ですね。
GW中はあまりお天気が良くないようです。
何処に出掛ける予定はありませんが
せめて、お天気が良く暖かであれば良いな。
庭仕事もしたいので((((oノ´3`)ノ





 

2021年4月24日土曜日

富良野線キハよんまるまつり


「富良野線キハ40まつり①」
2017/04/24撮影 PENTAX-Kr
旭川市





山々が綺麗に見える時に
撮影場所の新規開拓をと
待っていたら
あらら!!珍しい車両が!!
キハ40のみの2両連結を初めて富良野線で見ました。
富良野線では通常、帯がラベンダー色のキハ150形が走っております。
たまぁ~にこのキハ40とキハ54が一両連結している事があるのですが
キハ40のみと云うのは珍しかったです。
鉄道に興味のない方にとっては大した事のないお話でありますが( ̄▽ ̄;)


チャンと撮れなかったなぁ~と思っていたら
なんと!旭川駅で折り返して1時間後に又、戻って参りました。





「富良野線キハ40まつり②」
2017/04/24撮影 PENTAX-Kr
美瑛町






「富良野線キハ40まつり③」
2017/04/24撮影 PENTAX-Kr
美瑛町




「富良野線キハ40まつり④」
2017/04/24撮影 PENTAX-Kr
美瑛町



またまた、富良野駅で折り返してくる所を待ち伏せました。
美馬牛駅での列車交換でキハ150形と並ぶのも珍しくて
枯れ枝越しに撮ってしまいました(笑)



「富良野線キハ40まつり⑤」
2017/04/24撮影 PENTAX-Kr
美瑛町


この日の早起きした朝は・・・三文の徳的で~┏| ̄^ ̄* |┛ガッツポーズ

今時期はもう、時間的に日の出撮影はムリですが(;^ω^)
富良野からの一番列車狙いで出掛けました。
その富良野からの一番列車は逆光過ぎて
撃沈・・・(_ _。)・・・シュン

キハよんまる祭りに時間を使い過ぎて
丘風景は殆ど、撮れませんでしたが
楽しい時間を過ごせてシアワセでした(笑)

そのキハ40は老朽化が進んできたのかこの頃は
JR北海道の新型一般型気動車H100形「DECMO(デクモ)」の
姿を見かける事が多くなってきました。
富良野線ではまだ、「DECMO」は見かけませんが
苗穂運転所から来たスカイブルー+萌黄色のキハ150が
見られるようになってきました。

そうそう、昨日はキハ261系5000番台5両の「ラベンダー」編成が
旭川駅と富良野駅で公開されました。
5月8日に臨時列車「HOKKAIDO LOVE! FURANO」号としてデビューらしい。
その後は色んな所を回ってから「フラノラベンダーエクスプレス」として
運行するようなので、、、私はその頃で良いかな~笑